読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kato_19の雑記

サブブログなので書きたい事を自由に書きます

口内炎軟膏『大正クイックケア』を使ってみた感想

 スポンサーリンク

口内炎の市販薬『大正クイックケア』を買ってみました。

これすごい良かったです。パッチタイプの薬と迷ったんだけど、この軟膏タイプにして良かったです。かなり満足度高かったですね。(個人の感想です)

『大正クイックケア』軟膏の良かった点

1 意外とちゃんとカバーされる

軟膏なんてスグ溶けて消えちゃうんじゃない?って心配してたんですけど大丈夫でした。水分に触れるとゼリー状に固まるので、塗ってすぐに唾液で整えるとすぐには溶けません。

さらに接着力も結構あって口内にある限りは簡単には剥がれません。指についたのを水道で洗おうとしてもなかなか取れない位です。

あまり触れない箇所なら数時間は持つ感じです。

2 違和感が少ない

多少は盛り上がりがあるので違和感はあります。でも小さくて薄いですし、何と言っても口内炎の痛みに比べれば天国ですね。

3 少しの量で使えるので経済的

パッチと違って回数が決まっているわけじゃないので気軽に使えるのがメリット。自分は貧乏性なのでパッチだともったいなくて我慢しちゃいそうです。

軟膏は1回に2〜3ミリくらいの少量でOKなのでカジュアルに使えます。小さいチューブですけど相当使えそうな感じですね。

4 実際早く治る気がする

抗炎症薬のステロイド剤入りという事で、確かに治る期間が短くなっている気がします。以前なら治るのに5〜6日かっていましたが、3〜4日で痛みが消えますね。早めに使う事でひどくなる前に抑えられるのかもしれません。

 

『大正クイックケア』軟膏の良くない点

1 上手につけるのに慣れが必要

塗り直しをするとボロボロと剥がれてしまう性質があるので、一度に塗り切らないといけません。その辺がちょっとコツがいりますね。

一度指で塗ったら、あとは舌で形を整えていくって感じです。唾液を付ける事で固まると同時に滑らかになります。

最初は自分も失敗しました(笑)つい指で塗り広げたくなるんですよね。傷の直前からスッと一回で塗るのがコツです。

2 カバーの耐久性は高くない

軟膏にしてはしっかりしているとはいえ、パッチと比較してそんなに長時間はもちません。動きの少ない所で数時間、物が良く当たる場所だと数十分程度です。

唇の裏にできた口内炎の場合は、食事をする前に塗っておけば食事中くらいは持ちます。これだけでもかなり助かりました。

口内炎の時期は常備して、回数でカバーする感じですね。

あと、唾液があまり届かない唇と粘膜のキワのあたりは剥がれやすいので厳しいですね。この辺りだとパッチの方が良いかもしれません。

 

口内炎の薬を買わなかった理由

迷ってるうちに買いそびれる

口内炎になった時っていつも『薬があればなぁ・・・』って思うんだけど、つい我慢しちゃって買いそびれるんですよね。

薬屋で買えばいいんだろうけど、ネットの価格を知ってると店頭で買うのも割高に感じちゃって。

でもネットで買うと結構安いんだけど、届くのに時間がかかりますからね。『明日には良くなるかなぁ』って思うと、今回は我慢しようって感じで(笑)

結局、意外と長引いて治るのに一週間近くかかったりして後悔するんだけど。これも買ったは良いけど、届いた時には治ってたパターンでした。

口内炎のストレスからの解放

今回で3回目、口内炎でこの薬を使ったけど、ほんとあると無いとでは大違いですね。

以前は朝起きた時に『あ〜まだ痛いやぁ』ってがっかりしてたけど、今だと『また塗ればいいや』って感じです。

痛みのストレスから解放されるし、ご飯も(多少は違和感あるけど)普通に食べられる。ほんともっと以前から使ってれば良かったです。

 ※こっちはパッチタイプ。動きの大きい部分や唾液のこない部分にはパッチの方がいいかも。両方あれば一番良いですけどね。ちなみにステロイドの入っていないタイプ(第3類の方)もあります。